カテゴリー別アーカイブ: レッチェ

ラーナツアーズ 中村俊哉様

プーリア州の旅は、澄み切った青空と見事なオリーブ畑が広がる中、美しい港町やバロックの白い街並みを訪ね、南イタリアの陽光に気持ちも明るくなるような旅でした。

最初に訪れたバーリの聖ニコラ教会は、クリスマス遠足で連れられてきた子どもたちで賑わい、そしてカテドラルでは巡礼者のための香炉の儀式も行われていて、街はクリスマスを待つ雰囲気が溢れていました。そして、ペトルツェッリ劇場での「椿姫」も良かったです。ドイツ人らしき大変豪華な毛皮のコート軍団のお客様方も沢山いましたが、あの情感あふれる歌を聞きたくて、はるばるバスツアーでいらっしゃるのでしょうね。

バーリからは、お手配くださった専用車でトラーニとポリニャーノアマーレを経て、オストゥーニへ。中村様おすすめのトラーニは、確かに風情のある美しい街でした。海の傍の白亜のカテドラルは圧巻で、港の方へ歩いていくと次々と風景が変わって、どんどん先まで行きたくなり、結局、港の対岸の方まで歩いてしまいました。

ポリニャーノアマーレも小学生や高校生らしき遠足の集団が一杯。絶景ポイントで大喜びで大騒ぎのイタリアの子どもたちはいつ見ても面白いです。街のイルミネーションは勿論美しいですが、帰りがけに見た、月に照らされた海と対岸に浮かび上がるポリニャーノアマーレの街が素晴らしかっです。滞在時間延長やイルミネーションのチケットのお手配など、細やかにお気遣いいただいて感謝しております。

オストゥーニのホテルはお部屋も広く、とても素敵でした。お食事はホテル併設のレストランで、プーリア州名物の前菜、蕪のパスタ、シーフードのグリルを頂きましたが、今回の旅行の中で一番美味しかったように思います。オストゥーニのオリーブ農園直営のお店で購入したオリーブ油は、すっきりしていてとても美味しいです。

オストゥーニから、ロコロトンド、マルティーナ・フランカ、チステルニーノの三つの街をめぐる専用車ツアーも素晴らしいものでした。ロコロトンドは、ドライバーさんのお気に入りの街とのこと。お勧めルートを歩きましたが、教会、白い美しい街並み、そしてトゥルッリを遠望できる展望台などとても魅力的な街です。マルティーナ・フランカも立派な街で素敵な工芸品が多く、教会や白い街並みのみならず、お土産屋さんを随分楽しみました。畑の中にトゥルッリが点在する風景は、穏やかな感じでとても良かったです。

オストゥーニからレッチェへの移動日は、クリスマス直前の日曜日でしたので、途中立ち寄ったブリンディシも買い物客で大賑わい、私たちも一緒にお土産用に色々買い物をして、レッチェへ。

レッチェは、広場がライトアップされ、イベントも行われていて物凄い人出でした。中村様おすすめの「ナターレ」のお菓子は美味しかったです。レッチェに滞在している間、何度も通ってしまいました。そして、レッチェのバロックの教会群、今までに見たことのない美しくかつ厳かな装飾です。日本のガイドブック等に紹介されていない小さな教会も素晴らしく、ホテルが大変便利な場所にあったので、午前中、そして夕方から夜、と好きなようにレッチェの街を歩き回りました。教会は、昼間よりも夕方から夜の方がライトアップもされていて見易く美しかった印象です。

クリスマスの日は、レッチェからオートラントへの専用車ツアー。カテドラルの躍動感あふれる「生命の樹」のモザイク画の上でのクリスマスミサに参加させていただき、旅行者なのに私たちも皆さんの握手の輪に入れて頂いて感激しました。修道女の方ともご挨拶してきました。聖歌隊の演奏も聞き、モザイク画もミサ終了後、ゆっくり見せていただきました。そして、お昼に食べたプッチャというプーリア独特のパンとシーフードで作られたサンドイッチはとても美味しかったです。夜は、レッチェのサンティレーネ教会でのコンサート。この日は、教会で一日過ごした感じです。

そして、旅行最終日は、イタリア最南端のレウカ岬を目指すツアー。オストゥーニからのツアーとこの日のツアーはとても充実したものでした。オリーブ畑があまりにも見事なので、どこかで写真を撮りたいとドライバーさんにお願いしたところ、アレッサーノという街の近くのオリーブ畑に連れて行って下さいました。この時の写真を皆に見せると「これ、何の木?」と聞かれます。日本のおしゃれな細いオリーブの木と、プーリアの堂々とした立派なオリーブの木はなかなか結び付かないようです。

レウカ岬は、岬の高台から見渡す海も、教会も素晴らしかったです。高台にある教会はステンドグラスと木彫りが美しく、下の街の教会は床のモザイク画が面白かったです。

レウカ岬からは「イタリアの最も美しい村」に認定されているプレシッチェとスペッキアへ。途中、遠くに海の向こうのアルバニアの山が望めました。どちらも古い街並みが良く残され、街の方々もとても親切でした。ドライバーさんに「どちらの街が好き?」と聞かれましたが甲乙つけがたいです。プレシッチェはこじんまりとした中に風格ある建物が沢山残り、スペッキアは街からオリーブ畑や遠くが眺められてより明るい感じです。教会も光が降り注ぐようなつくりで、とても明るい雰囲気でした。専用車のお手配がなければとても行くことはできないところです。オストゥーニからロコロトンドなどを回るツアーと、この日のツアーは、ラーナツアーズ様のプーリア州一押しツアーではないでしょうか。

お天気は毎日快晴。でも風が強くて寒いこともありました。ドライバーさんも「天気は最高にいいけど寒いね。昨日は、アマルフィで仕事していて、暴風で大変だったんだよ。」と笑っていました。寒いせいか風邪をひいているイタリア人も多く、帰りの飛行機は咳の人だらけ。でも、満足感一杯の旅でしたので、体調も崩さず、元気に新年を迎えました。至れり尽くせりのお手配、本当にありがとうございました。

 

 

神奈川県 N様

ラーナツアーズ 中村様

こんにちは。
ご連絡が遅くなりましたが、先週末無事イタリア旅行から帰りました。
今週は1週間仕事を休んだ反動で、仕事に忙殺されておりました。

ところで、旅行のご報告です。

旅行中危ないことに遭遇することも全くなく、楽しい旅でした。
細やかにお手配いただき、本当にありがとうございました。
お天気も、レッチェでの半日以外雨も降らず、恵まれました。

アルベロベッロのホテルでは、フロントのダニエラさんに本当に良くしていただきました。
ホテルも部屋も、朝のクロワッサンも本当に素敵でしたが、
ダニエラさんとの出会いも素敵な思い出のひとつです。

アルベロベッロは思った以上に小さな街で、半日で十分回り切れてしまい、午後ホテルに戻って昼寝したりしましたが、
それが却って子どもと母の時差ぼけをとってくれたようです。 着いた翌日に予定を入れなかったのは正解でした。

レッチェは雨だったのであまり散策もせず残念でしたが、
(マックで時間調整したところ、マックには温かい飲み物が皆無で驚きました!)
オストゥーニでは雨も上がり、ランチも散策も楽しめました。

ランチのレストラン、雰囲気も食事も最高でした!お手配ありがとうございました。
最初入った時は、やや格調高い雰囲気なので、
子連れで良かったのかしらと心配になりましたが、
他にお客さんがアメリカ人とイタリア人の4人連れしかなく、
そちらの方が子どもにやさしい方々だったこともあり、
またお店のウェイターさんも親切な方だったので、
子どもも楽しみながら食事できました。

前菜が次から次へと出てきて、どれもとても美味しいうえボリュームもあったので、
2人前を3人でシェアしましたが、最後のパスタは半分残してしまうほどでした。
2人前にしますか?と中村さんに聞いていただいて本当に良かったです。

食事の後に散歩をしたのですが、本当に可愛い街ですね。
まさにラピュタ、宮崎駿の世界だなあと思いました。
子どもも探検を楽しんでいました。

マテーラでは、ガイドの佐藤さんとの散策、本当に楽しかったです。
ちょうどうちの子が6歳で佐藤さんの坊やが5歳で、
子育て話に花も咲きました(*^_^*)

マテーラの旧市街は複雑で、ガイドさんなしでは絶対回れなかったと思いました。
こちらがお願いしていないのに中村さんがお勧めくださったわけがよくわかりました。
佐藤さんとは、マテーラで撮られた映画の話などを興味深くお聞きしながら、街を効率よく回ることができました。

佐藤さんは新市街のスーパーにもお付き合いくださり、おかげで新鮮な果物やジュース等を買えました。
さらに旧市街に戻って美味しいランチのお店まで紹介してくださり、さらに注文までしてくださってからお別れしました。

マテーラのホテルも本当に素敵でした。
今回行った3つのホテル、どれも気に入りましたが、建物、室内としては、私はこのホテルが一番気に入りました。
(ちょうどエレベータが故障中で荷物の上げ下げは大変だったのですが…)

アマルフィのホテルでは、ホテルの好意でお部屋をランクアップしてくださり、2間のスイートルームでした。
たぶん、セントラルヒーティングが入っていなくて、
別途エアコンのある部屋はともかく、バスルームが寒かったので、そのお詫びも兼ねてだとは思いますが、でも景色は最高でしたし、広いし、天井も絵が書いてあって素敵だったので、まあ仕方ないかなという感じです。
お客さんがだいたい5~6組しかいなかったので、
セントラルヒーティングをかけると採算が合わないのでしょう。

今回の旅行計画の唯一の失敗と言えば、(こちらの希望で)ラヴェッロの滞在時間を少なくしたことでしょうか。
思った以上にいろいろ回る場所があり、かつ広かったので、
もう1時間か1時間半くらい長く設定しておけば良かったです。
かなり急いで回ったのですが、ランチを食べられませんでした(^_^;)。美味しそうなお店があったのに、残念。

アマルフィ(ポジターノ、ラヴェッロ含む)は母の希望で行った街だったので少し長めに滞在日数を取ったのですが、
やはり3月に丸2日は少し長いかもしれないですね。
5月位になって、子どもが半日浜辺で砂遊びを楽しめる時期なら良かったなあと思いました。

そうそう、ポジターノとラヴェッロを案内してくださったドライバーさんは、日本のアニメのファンだそうです(^O^)
いろいろご存知で、子どもとも話が盛り上がりました。
また、ご実家ではまるでアグリツーリズムのようにいろいろ自家製のものを作っていらっしゃるそうで、本当に素敵な暮らしだなあと羨ましくなりました。

全行程において、ピザを何度も食べました。
本当に美味しくて、そしてお安かったです。

それと、イタリア人は本当に子どもに優しいですね。
子連れのイタリア旅行はきついかと心配し、ラーナさんにコンタクトを取る前に「ハワイか台湾にした方が良いかな…」と悩んだ時期もありましたが、
子どもがいることでホテルの方ともレストランの方とも話がはずみ、結果として、却って楽しい旅になりました。

イタリアは本当に魅力的な街ですね。日本人の感覚に合っている気がします。
今回、私はイタリア3回目だったのですが、4回目もきっとある気がしています。
それまでに今度こそ、片言で良いからイタリア語を勉強しようと思いました。
南イタリアの田舎町は安全で居心地がよいですが、その分英語が全く通じない時がかなり頻繁にありました。

前2回は完全個人手配で、事前準備(パーツごとの手配)が結構大変だし、そんなに広範囲に動き回れなかったのですが、
今回はラーナさんのおかげで本当にラクをさせて頂き、また内容も本当に充実しました。
全部良いとこどりしたという感じです。

次は夫と子どもの3人で行けたらと思っています。
そのときはまたよろしくお願いいたします。

長々ととりとめなく書いてしまい申し訳ありません。

お元気でお仕事がんばってください。
では!

神奈川県 U様