カテゴリー別アーカイブ: マントヴァ

中村様

今回もとても素敵な旅のコーディネートをありがとうございました。

北イタリアの街を好きなように思う存分歩き、数々の貴重な文化遺産を見て回り、カフェでお茶をしたり、おみやげ物をのんびり探したり、こんなに幸せで贅沢な時間を過ごさせていただいて感謝の限りです。バスや電車ではなかなか行きづらい街を、専用車で効率よく移動できたおかげで、一つ一つの街をかなりゆっくり見て回ることができました。

日本人アシスタントの方と一緒に訪れたパヴィアの修道院では、ロンバルディア平原に敷設された運河やイタリアのお米作りのお話などを色々伺いながら、見事なファサードや修道僧が祈りの日々をおくる僧房も少しですが見ることができました。修道院で作っている薬草茶の図解も興味深く、アシスタントの方に勧められて買った修道院チョコレートもとても美味しかったです。

そして、クレモナへ移動して、名物のサラミの入ったサンドイッチで昼食。ヴァイオリン博物館で日本では手に入りづらいストラディバリウス関連のCDが買えてうれしかったです。

次に訪れたマントヴァで過ごした一日もとても充実したものでした。午前中は、ドゥオモ、そしてサンジョルジョ城の結婚の間からドゥカーレ宮殿をゆっくり見せていただきました。ここは、絵画や展示物だけでなく、天井や壁の装飾など一つ一つのお部屋が個性的で見ていて飽きないです。遠足(修学旅行?)の学生さん達がかなり多かったのですが、十数名の小グループに分かれてきちんとガイドさんの説明を聞きながら見学していて、小さい子たちも見学マナーはとてもちゃんとしていて感心しました。午後は、お天気も良かったので、湖からマントヴァの街を見ようということで、遊覧船に乗ってみました。船は増発便を含め二隻とも元気いっぱいの小学校高学年くらいの子どもたちで満杯。絶景に感動して騒ぎまくり、写真を取りまくり、お腹がすけば船の売店に殺到してお菓子を買いつくしてしまう子どもたちと一緒に楽しい時間でした。三つの湖をすべて回る結構時間のかかる遊覧でしたが、湖からの街の眺めのみならず、野鳥も多くみられる手つかずの自然が残る奥の方の早春の風景もなかなかでした。蓮の花が咲くころは、きっと素晴らしく美しいと思います。

マントヴァからは、お手配いただいた専用車でサッビオネータ、パルマを経てモデナへ。サッビオネータは可愛らしい街でしたが、パルマもモデナもかなり見るところはあり、ここはまた機会があればゆっくりと歩いてみたいところです。どちらも美術館は立派過ぎて、短い時間では勿体ないです。モデナは、京都の弘法さんの市のような大骨董市をドゥオモ広場でやっていて、鍵束だとか面白いものが沢山出品されていました。モデナの専用車のドライバーさんに紹介されて購入した伝統的バルサミコ酢は、お値段も手ごろで本当に美味しかったです。バルサミコは「酸っぱい」ものではなく、「甘いもの」なのですね。魚のオーブン焼きなどにかけると絶妙なお味です。

それから、フェッラーラを経て今回の旅の一つの大きな目的地ラヴェンナへ。フェッラーラでは、復活祭前の日曜日ということもあり、中世のドレス姿のお姫様たちや、旗のパフォーマンスを見せてくれる騎士たちのパレードに出会えました。旗のパフォーマンスは、これまで映画でしか見たことがなかったので興味津々でした。そして、美しい中庭のあるドゥオモの博物館で沢山の古い楽譜を眺めて、中世の街の雰囲気を残すヴォルタ通りのイル・マンドリーノというお店で、きしめんの2倍はあるかと思われる幅広さのパスタをいただきました。ポルチーニ茸がたくさん入っていて美味しいことこの上なかったです。

そして、ラヴェンナでは、まず専用車でクラッセ聖堂に寄っていただいたのは大変ありがたかったです。街からわざわざバスで出かける必要もなく、かなり時間の節約になりました。ラヴェンナのモザイク画の美しさは、長い時を経たにもかかわらず本当に素晴らしく、見事でした。ビザンティン文化のモザイク画というと金色の強さが目立つように思っていましたが、実際に見てみると、金色よりも、柔らかな緑色、深い紺や青の色の美しさが印象に残っています。見学も共通券があって、一度チケットを買ってしまえばそれで何か所も回れるのも大変便利で、ラヴェンナは観光しやすい街、そして買い物もしやすい街でした。

最後はフィレンツェ。街に入る前にフィエーゾレに寄っていただきましたが、こちらも大変見晴らしの良い場所で、また機会があれば行ってみたいと思っています。専用車のドライバーさんは、ここで結婚式をあげて記念写真を撮られたとか。

フィレンツェで滞在したアパートメントは、街歩きには本当に便利な場所にあり、使い勝手のとてもよいキッチンもあって助かりました。日本人オーナーの方とも沢山お話しができて楽しかったですし、親切にしていただきました。

フィレンツェは何日滞在しても見るところは尽きない町ですが、今回訪れたサンマルコ修道院も素敵でした。静かな雰囲気の中で、フラ・アンジェリコの受胎告知をはじめ、心惹かれる数々の絵画を存分に鑑賞できました。

フィレンツェからの専用車でのトスカーナツアーは、お天気にも恵まれ、春の明るい光の中で、オルチャ渓谷に負けない風景を楽しめたと思います。ヴォルテッラは、サンジミニャーノの近くで美しそうな街ということで選んだのですが、「鋼の錬金術師」のロケ地だったとのこと。街の人たちが日本語を話してくれたり、何かと親切にしてくださったのですが、「鋼の錬金術師」がヒットしたら日本人がたくさん来るから、ということで街全体で日本語教室を開いたりといったこともされていたようです。映画はCGで加工した映像が際立つようですが、ロケ隊も感動したというこのヴォルテッラの風景そのものをもっと多くの方にも見ていただきたいと思いました。でもこの場所こそ、専用車がなければ、フィレンツェからの日帰りはかなり大変そうです。

 サンジミニャーノは、あまり人も多くなく、こちらは「ブラザー・サン シスター・ムーン」の様々な場面を思い出しながら、のんびり散策しました。そして、シモーネ・サンティーニのワインも買って、大満足の一日でした。

北イタリアは、お米も作っていてホテルの朝食にライスケーキが出たり、ハム、サラミ、茸、バルサミコ酢と、美味しい食材の多いところでした。フィレンツェの市場で買ったアスパラガスも、アスパラそのものの香りと味がしっかりしていて、文化遺産だけではない、イタリアの食の豊かさも味わう旅となりました。そして、ガツンと苦くて美味しいエスプレッソにはまってしまい、日本に帰ってきてから物足りなくて仕方ありません。また、中村様にお手配をお願いしてイタリアを訪れる日を楽しみにしています。

神奈川県 N様

中村様


この度は、ヴェローナ、マントヴァ、ミラノの旅行をお手伝いいただきありがとうございました。

これまでローマ、トスカーナを中心にイタリアを旅行してきましたので、初めての北イタリアでした。

ヴェローナでは手配いただいた野外オペラでトゥーランドットを観賞、誰も寝てはならないの時は生の迫力に鳥肌が立ちました。

オペラの前は観光を楽しみ、ヴェローナカードを有効活用して9箇所も訪ねたのでバテましたが楽しかったです。
エルベ広場、アディジェ川の景観は素晴らしく、カステルヴェッキオでは絵画を堪能しました。

今回は行く前があまりに慌ただしく、満足に準備ができなかったため、
せっかくご紹介いただいたレストランもあまりよく調べられずに行き当たりばったりで、
アレーナ近くのオープンのトラットリアにて食事をしました。なかなか美味しかったです。

ホテルはなかなか清潔で、狭いですが朝食が充実でした。またこの時期はオペラ客の需要が多いらしく、
近くまでバスで送ってくれるサービスもありました。

三日目、マントヴァには電車で移動です。
不慣れだったので、切符売り場の方には、早く着く乗り換えを勧められましたが、マントヴァ直行を選択しました。

駅を降りると目の前がホテル。スーツケースを持った旅行客にはありがたいです。
フロントは親切で冗談好きな典型的なイタリア人でした。
部屋は清潔で気に入ったのですが、この時期なので、冷蔵庫がないのは残念でした。
朝食はヴェローナの方が良かったです。

荷物を置くと早速散策です。
ドゥオーモやエルベ広場を見て、散策していたらメニューを見て、
パヴェージ・エ・パヴェジーノというレストランが気になったので、
ホテルで予約してもらって、その夜行ってみました。
かなり当たりで、従業員も気さくで、マントヴァならではの魚料理がとても美味しかったです。
あまりに気に入ったため、翌日も予約を入れて行ってきました。

四日目はマントヴァから足を伸ばして同じく世界遺産のサビオネータへ。
プルマンの乗り場が少し離れていたのもあって、ホテルを早く出てマントヴァの観光地ではない、
生活感が漂うエリアを散策しながら行きました。
サビオネータはこじんまりとした、美しい町でした。

五日目、ミラノに入りました。マントヴァからはローカル線しかなさそうで、それで移動です。
夏で冷房もかけず心配でしたが、乾燥しているのと窓から入る風が心地よくさほど暑いと感じませんでした。
中央駅から地下鉄でドゥオーモ駅に着き、地上に上がると目の前に壮大なドゥオーモが。すごい迫力でした。
まずはチェックイン。さすがに中村さんイチオシのホテルですね。
お部屋、立地、フロントの対応、朝食、どれも素晴らしかったです。
荷物を置くと、ドゥオーモに上りマドンニーナを見物。マントヴァで食べ過ぎて二人とも胃が重たかったので、
夜はスーパーを探して部屋食をとることに。

六日目はアウトレット。
このツアー、凄い人気なんですね。バス二台で満席。店も多く、買い物もすすんでしまいました。

七日目、八日目はミラノ市内の美術館や、最後の晩餐を堪能しました。
最後の二日間夕食に通ったオステリア・デル・ビナーリでリゾットとカツレツを押さえておきました。

ミラノは新旧が融合した素敵な町で、買い物も楽しめるので、奥さんのほうが気に入ったようです。
バカンツァの時期で、本来の活気はもっと凄いのでしょうが、
反面サルディの名残で靴やバッグが安く購入できラッキーなこともありました。
アジアからもかなり観光客がいて、正直今は日本からよりも中国からの観光客のほうがはるかに多いですね。
ヴェローナ、マントヴァではアジアの人はあまり見かけなかったので、よりヨーロッパに来ている気分が味わえました。

いろいろ長々と書きましたが、いつもそうですが、中村さんと打ち合わせをさせていただく時からイタリア旅行が始まり、
行くまでの数ヶ月もイタリア気分を楽しんでおります。
次回はヴェネツィア、パドヴァ、ボローニャ方面が候補になっております。

その際にはまたお世話になりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

また今回の旅行でも、いろいろ細かくご配慮いただきましてありがとうございました。

ますますのご発展お祈りしております。
verona_arena_large

東京都 T様