タグ別アーカイブ: フォロロマーノ

中村様

こんにちは
イタリアから帰ってまる二日。荷物も全部片付いてあとは写真のプリントアウトです。
800枚の写真を撮ってきました。

<旅行報告>

8・12

ソレントは中村様のお勧め通り治安の良い街でした。ホテルの朝食は3つのホテルの中で一番おいしかったです。
アットホームな良いホテルでした。ナポリまで迎えに来て下さった運転手さんは明るくて感じの良い方。イタリア語を教えてもらったり、こちらも日本語を教えたりそしてフニクリフニクラを一緒に歌ったり楽しいひとときでした。

8・13

カプリ島に行ってきました。青の洞窟はきれいでした。あの美しい青さは生涯忘れられない色になりました。
観光客でいっぱいでしたが、それもまた活気があって楽しかったです。夫がずっと行きたがっていた場所でした。



8・14

ポジターノ、アマルフィはどちらも船で入りました。今月だけ運航していると調べていただいた船に乗ることができました。
どちらの街も海から観る景色が素晴らしくて感激しました。

信州育ちの私は海があまり好きではありませんでしたが、今回初めて、海って美しい!!と思い大好きになりました。


どちらの街も狭い階段の路地だらけ。生活するのは大変だろうなあと思いながら散策しました。


帰りはアマルフィからポジターノまではバスにしましたが、これがくねくね道を対向車とギリギリにすれ違うようなアクション路線。

運転手さんの技術に脱帽。でもエアコンもろくにきいていない車内はちょっと最低 (笑)。


ポジターノで降りてポジターノからは船で帰ることにしましたが、道路から海までの道のりがハンパなく急な階段ばかり。でも狭い階段の路地の隙間から見える海が筆舌しがたいほど美しすぎました。

道に迷いながら、お店の人に聞いたり、道行く人に尋ねたり。

奥様が鳥取の人というイタリア人の方が片言の日本語を交えながら丁寧に教えてくれました。たくさんの優しい方にお世話になりつつ海まで下りました。


この街はかくれんぼにはもってこいですね。


世界遺産になっている理由がよくわかる素晴らしい街でした。



8・15

ベスビオ鉄道でナポリへの移動。鉄道が発車する直前に息子がホテルにスマホを置いてきたことに気づきあわてて下車。余裕を持って乗っていたのでセーフでした。

駅の方にもホテルの方にもお世話になりました。ここから息子はガゼン英語を話し始めました。アクシデントは学びにもなります。


ベスビオ鉄道は味があって景色も良くて乗ってよかった鉄道でした。ナポリ駅からは無事にユーロスターに乗りました。中村様が丁寧に説明文をつけて下さっていたのでとてもスムーズでした。

ローマのホテルは駅近で本当に便利なところでした。駅近が便利ですよと言っていただいたわけがよくわかりました。

早速ローマパスを買ってコロッセオやフォロロマーノへ。ローマは暑いのなんの!


そんなことよりやっぱり地下鉄B線は危険でした。電車に乗る時私は後ろの怪しいおばちゃんにバッグと背中の間に手を入れられ掏られそうになりました。
バッグを手前にさげていなかったからです。反省!


3人のグループでした。次の駅でおりていきましたが、その間息子が大声で文句を言 いました。怪しいおばちゃんのバッグの中も私が確認しました。何もとられていませんでした。
その前に地下鉄の階段をおりたところでも「わたしに1ユーロか2ユーロください。」 とよってきた変な若い女性がいたのでした。


そのとき気をつけなきゃと思わなければいけませんでした。

コロッセオは10年ぶり。ローマパスのおかげで全く並ばずスムーズに入れました。
チケットを買う行列はかなりの長さでした。


パッケージツアーと違ってゆっくり見て回れました。でも暑すぎ~。

フォロロマーノまでが遠かった!

普通1ユーロで売っている水を、凍らせて2ユーロで売っていてそれを買いました。
美味しくて生き返りました。1ユーロが100円を切っていることに感謝しました。

フォロロマーノは結局中には入りませんでした。前日のポジターノの階段下りがひびいていて、もう全員疲れのピーク。中に入っても歩ける自信がありませんでした。

そのあとはパンテオン、ナヴォーナ広場、トレヴィの泉を歩いたと思います。とにかくどこまででも歩く家族です。パンテオンは休みでした(泣)


トレヴィの泉はまたここに来られたことにお礼を言ってコインを投げました。いろんな国の観光客がたくさんいて、ものすごい人気スポットだと改めて実感しました。

8・16

朝からスペイン広場に。なんと地下鉄A線がテルミニからスペイン広場方面が動いていなかったのです。理由は聞きませんでしたが、今月一杯動かないよとホテルの人が言ってました。代替バスに乗るまで時間がかかりました。ここでも親切なおじちゃんがわかるところまで案内してくれました。感謝。

ローマのバスは我先に乗るものなのですね。1回でそれを覚えて家族みんなで実践しました(笑)。みんな料金を払っていないようにもみえるし、ローマはなんでもありなんだ!
と思うと同時に、この活気はなかなかいいかも、と思いました。

代替バスでスペイン広場の駅まで行ったのは良かったのですが、そこからが地獄 (笑)。道に迷いました。でもレストランの人が丁寧に教えてくれました。


広場の上からスペイン広場にたどり着いたときは感激しました。


ブランド街の買い物はちょっとがっかりでした。パリのシャンゼリゼみたいに優雅に歩けないからです。暑いし!


そこからポポロ広場まで歩きました。ここは初めていきました。双子の教会を見てみたかったのが実現して嬉しかったです。

そこから適当にバスに乗ったらなんと行く必要もないコロッセオまで来てしまいました。そんなこともありだよねぇと話しながら・・・。


食事は結局行き当たりばったりになりました。でもどこもおいしかった!。昼と夜はスパゲティとピザを食べ続けました。飽きるかと思いきやまったく飽きませんでした。

魚介を好まない夫と娘はマルゲリータピザとボロネーゼスパとフレンチフライを何回食べたことでしょう。1年分以上食べたと思います。


私と息子はボンゴレやいかすみスパゲティやそのお店のお奨めをきいて食べました。
家に帰ってきてからもやっぱりスパゲティとピザを食べたいとみんな言ってます。


そして東京のスパゲティやピザのレベルの高さも確認できました。東京は本当に世界中から美味しいものが集まっていると思います。

8・17

ヴァチカンここにももちろんバスで行きました。

予約していただいたおかげでスムーズでした。9:00~の予約でしたが8:30に入れてれました

当日チケットの行列は美術館の入口からサンピエトロ寺院の入り口近くまでありまし
た。2日間休みでしたから。


うちはおかげさまで午前中いっぱいかけてゆっくりまわりました。絵画の前で描かれている人物と同じ格好で写真を撮るのが清水家流。

最後の審判はこの10年でかなり学習を深めていたので、また違った視点で観ることができました。ただただ感動していた10年前より冷静にみることができました。


サンピエトロ寺院もすごい行列でしたが、どんどん中にいれてくれたのであまり並ばずにすみました。


そういえばエアメールが3年前よりもかなり値上げされているようでした。はがきが1.6ユーロ。

ホテルから頼めば2ユーロでした。

吉祥寺で買った個人旅行のガイドブックは2009年の物だったとイタリアで気が付いたのですが、その情報は0.85ユーロでした。

ローマパスも20ユーロとの情報が30ユーロでした。

ヴァチカンのあとサンタンジェロ城に行きました。どこに行っても暑い!

そこからは路線バスでテルミニまでかえってきました。

8・18

ベネチアへの移動。ユーロスターのトランクは盗られる心配なんてまるでなし。トランクの上にトランクがガンガン積まれ盗りようがない(笑)。

これもイタリア流で楽しかった。

ベネチアのサンタルチア駅は活気だらけで、思わず「ヒャッホー!」と叫びました。
荷物は一人1つにしないと追加料金が取られると書いてあったので、バッグも無理やりトランクに詰めて1つにしたのに、全然そんなことはなくて徒労に終わりました。


ホテルは本当に良いロケーション。1階でしたが、道行く人の活気が伝わって嬉しかったです。私の部屋は内装工事をしたばかりで、新しくて明るくて快適でした。


ここで!


このホテルに着いた途端この旅一番の悲劇が・・・・。私がお財布を紛失してしまったことに気がついたのです。200ユーロ弱とカード2枚。

日本語をしゃべることが出来るホテルマンが私たちを案内してくださっていたので、その方にローマのホテルに電話していただきどこにもないと判明。

私は東京に電話してカードを止めました。カードのコピーを持って行ってて良かった!


とりあえず警察に届けてくださいとカード会社の人に言われたと伝えたら、ホテルマンの方が隣にある警察まで一緒に行ってくれました。

もし中村様がサヴォイアホテルに連絡する用事がありましたら、代わりにお礼を言っておいていただけませんか。帰国する日にその方に会えなかったんです。

大阪に彼女がいらっしゃるそうで、そのうち日本で暮らすことになるとおっしゃっていました。


本当にわたしの不注意がまわりに迷惑をかけることになりました。またまた反省。


でも家族は「そういうこともあるさ。」「またお財布かえばいいよ。」「2万円ぐらいですんでよかったよ。」「お母さんいつも言ってるよ。失くした物が自分のケガや病気の身代わりになってくれたんだって思えばいいって。」「さあ、気を取り直して出かけよう!」と誰も私を責める人はおらず涙が出ました。

私は家族に感謝しつつ、いつまでもうじうじしていたら余計に家族に負担をかけることになるなと、気持ちを切り替えました。

ベネチアの街もひたすら歩きました。ホテルまでのヴァポレットの暑さに参り、誰も ヴァポレットに乗ろうとは言いませんでした。

サンマルコ寺院に入り、ドゥカーレ宮殿で鑑賞し、鐘楼に昇り、カフェ・フローリアンに入り、リアルト橋に行きのんびりできました。

カフェ・フローリアンはちょっとのアイスやコーヒーで90ユーロ。たまげました (笑)。

帰りはベネチア空港で簡単に免税手続きができました。ただ払い戻しの時、100ユーロまではキャッシュで払うけれど、残りはクレジットカードに振り込むと言われました。

私はその場にいなかったのですが、隣の窓口で手続きしていた中国人が、英語で難しい言葉をしゃべってくれて、それを夫と息子に日本語に通訳してくれたそうです。
すげえ!と息子は驚いていました。そんな有能な人に出会えたのも大きな収穫です。

イタリアのおじ様たちはみなさん素敵でした。ハーフパンツに裸足でデッキシューズ。
なんのおしゃれもしてないのにお洒落!

口笛を吹きながら仕事しているおじ様。まんまる顔の娘にはたくさんのおじ様が気軽に声をかけてくれました。

いろいろな人に助けてもらいながら、十分に満喫できた旅になりました。

予定を立て始めてから4ヶ月。もう終わってしまいましたが、心から楽しめた4ヶ月でした。

インターネットでたまたま見つけたラーナツアーズでしたが、とても良い出会いでした。

中村様のお人柄に「この旅はうまくいく!」と思いましたもの。

息子も「俺は新婚旅行は中村さんに頼んでイタリアに来る!」と言ってました(笑)

エジプトの新婚旅行から22年。家族で世界遺産を観てまわるようになってから15年。
家族の想い出を着実に積み重ねてきたなと実感します。

年ごとに子供たちの成長が実感できる幸せな旅でもあります。

いつかこの想い出が子どもたちの人生に役に立ってくれたらいいと願わずにはいられません。


長いメールを読んでいただきありがとうございました。


ラーナツアーズの益々のご発展をお祈りしています。

また写真ができたら特選1枚送らせてください。

中村様のきめ細やかな旅のご配慮に家族一同心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

東京都 S様