イタリア旅行のご相談はこちらから


LINEを通じてイタリア旅行に関するご質問、ご相談を承ります。
お気軽にお友だちに追加してください。

友だち追加

ヴェネツィア観光案内

イタリアマップ

ヴェネツィア観光案内

アドリア海の女王として地中海での権力を誇っていた水の都ヴェネツィア。
世界的に有名な水上都市の類いまれなる美しい街並みは訪れた人々を魅了し続けています。太陽がキラキラ光る水面、行き交うゴンドリエーリの声、運河が張り巡らされた迷路のような小道のそぞろ歩きなど、旅の好奇心をかき立てるものばかり。
映画の世界にいるような不思議な街にぜひ一度訪れてみてください。

― 見どころ ―

見どころ見どころ

サン・マルコ広場

サン・マルコ広場

金色のモザイクが圧巻で、ヴェネツィアの守護聖人マルコの聖遺物を収めているサンマルコ寺院、1000年続いたヴェネツィア共和国時代の政治の中枢であったドゥカーレ宮殿、サンマルコの大鐘楼から眺めるヴェネツィアの街並み、古い仕掛け時計が今でも見られる時計塔などナポレオンが世界一美しいと称賛したサン・マルコ広場付近は見所いっぱいです。
サン・マルコ寺院

サン・マルコ寺院

ヴェネツィアの守護聖人マルコは4人の福音書を書いたうちの一人です。
そのマルコの聖遺物が収められたヴェネツィア人の信仰の中心の場所であります。聖人マルコの象徴の有翼の獅子がいたるところに見られます。第4次十字軍での戦利品で飾られたビザンチン建築の傑作、金をふんだんに使ったガラスで作られたモザイク画からもヴェネツィア共和国の繁栄を感じていただけます。
ドゥカーレ宮殿

ドゥカーレ宮殿

1000年続いたヴェネツィア共和国の政治の中枢、ヴェネツィア共和国総督の居城。度重なる火災で焼失、再建を繰り返しました。
エレガントな装飾、デザインで開放的な柱廊の外観は目をみはるほどです。館内はヴェネツィア派の絵画、牢獄へ続くためいき橋を鑑賞し、ヴェネツィアの光と陰を感じていただけます。
ゴンドラ

ゴンドラ

ヴェネツィアに来たのならゴンドラ遊覧は外せません。
赤と白のボーダー、もしくは濃紺と白のボーダーを着たゴンドリエーリが漕ぐゴンドラにのんびり揺られながら、ヴェネツィアの小さな運河から眺める景色は、徒歩での散策とは違う目線でお楽しみいただけます。
バーカロ

バーカロ

カウンター式のお店でオンブラ(ヴェネツィアでコップワインをこう呼びます。)とおつまみを片手におしゃべりを楽しむ場所をバーカロと呼びます。昔からのお酒好きのヴェネツィア人の生活に根付いているものです。基本立ち飲みで、狭い店内では人がひしめき合っています。ヴェネツィア人の台所である、リアルト市場で季節の野菜、ラグーンでとれた魚を見て、その材料がどんな料理になるのかを想像した後に、市場近くにたくさんあるバーカロに足を運ぶのがオススメです。
ムラーノ島

ムラーノ島

ヴェネツィアンガラスづくりの島で、数多くのヴェネツィアンガラス工房とショップがならぶ島です。
ヴェネツィアンガラスは特殊な独自の製法で作るもので、昔よりヨーロッパの王侯貴族、富裕層から人気を集めていました。ヴェネツィア共和国時代は、マエストロ(ガラスマスター)の技術が、他国へ流出しないように、高音の釜で製造するので、本島での火事防止のため、ムラーノ島に職人を集めて作られていました。
現在もヴェネツィアンガラスといえばここムラーノで作られるものを指します。本場のムラーノ島で、お気に入りのヴェネツィアンガラスを探してみるのもお勧めです。
ブラーノ島

ブラーノ島

赤、青、黄色、ピンク、、カラフルな家が立ち並ぶおもちゃ箱のような島です。
元々は漁師の島で、霧が出ても無事に家に帰れるように派手にしたとか。カラフルな街並みと、はためく洗濯物をバックに、映える写真撮影を楽しんでいただけます。伝統的なレースづくりも有名な島でもあります。独自の特殊な手作りのレースの繊細さにはびっくりすることでしょう。レースの作り手の高齢化が進んでいるので、希少価値のレースになってきています。
トルチェッロ島

トルチェッロ島

ヴェネツィア発祥の島と言われ、ここからヴェネツィアの移住が始まったと言われています。ペストの流行や、ヴェネツィア本島へ重要な機能が移り、だんだん廃れていきました。
現在は、自然が多く残り、のどかな雰囲気を感じられる島としてお楽しみいただけます。ヴェネツィア最古の教会、サンタマリアアッスンタ教会があり、モザイクで描かれた最後の審判、聖母子は美術好きの方には必見です。ヘミングウェイなどVIPが宿泊したホテルも隠れた人気です。

― おすすめレストラン3選 ―

RestaurantRestaurant

ヴェネツィアで味わっていただきたいのは、やはりシーフードです。
前菜として、クモガニやイワシの南蛮漬け、バカラマンテカート(干しダラ料理の一種)などのおつまみをヴェネト産発泡ワイン、プロセッコと一緒に楽しんでいただくのがヴェネツィア流。前菜の後は、ヴェネツィア発祥のイカ墨のスパゲッティ、ブラーノ風リゾットなどが人気の定番メニューです。メイン料理ではミックスフライや新鮮な地場産の魚のグリルなどをオーダーされるのもお勧めです。
ヴェネツィアで人気の美味しいお店をご紹介いたします。
Al Calice(Antico Calice)

Al Calice(Antico Calice)アンティコ カリチェ

住所:Calle del stangneri San Marco 5228 Venezia
TEL:(+39) 041 5209775
平均予算:1人あたり25ユーロほど
営業時間:ランチ 12:00~14:30
ディナー 19:00~22:00
定休日:月曜日

お昼はゴンドリエーリでいっぱいの地元ヴェネツィア人経営の食堂。味にうるさいゴンドリエーリが集まるお店は、美味しいお店の証。一人前の量は多めなので、シェアするのもオススメです。
魚介類前菜の盛り合わせ(約20ユーロ)や魚介類のスパゲッティ(約15ユーロ)、ミックスフライの盛り合わせ(約20ユーロ)は人気メニューです。
*ご料金は予告なく変更になる場合もございます。

Al Giardinetto da severino(アル ジャルディネット)

Al Giardinetto da severinoアル ジャルディネット

住所:Salizada Zorzi(Ruga Giuffa) Castello 4928 Venezia
TEL:(+39) 041 5285 332
平均予算:1人あたり40ユーロほど
営業時間:ランチ 12:00~15:00
ディナー 19:00~22:30
定休日:毎週木曜日

約70年にわたりヴェネツィア地元民に長く愛されつづけているレストラン。ここのレストランでは、クモガニ(約20ユーロ)が絶品、ぜひお勧めします。
ヴェネツィアといえば、イカスミが有名ですが、このお店のイカスミのスパゲッティはヴェネツィアの中でも特にお勧め。他にも黒いタリオーニのオマールエビソースも美味しいです。地元の人も足しげく通う隠れ家的レストランです。

<オススメメニュー>
クモガニ(グランセオラ)18ユーロ
イカスミのスパゲッティ 14ユーロ
黒いタリオリーニ オマール海老のソース 16ユーロ
*ご料金は予告なく変更になる場合もございます。

Terrazza Danieli(テラッツァ ダニエリ)

Terrazza Danieliテラッツァ ダニエリ

住所:Riva degli Schiavoni Castello 4196 Venezia
TEL:(+39) 041 522 6480
平均予算:1人あたり50ユーロほど
営業時間:ランチ 12:00~15:00
ディナー 19:00~22:30
定休日:なし

ヴェネツィアを代表する有名なホテルダニエリの最上階にある、眺めの良い高級レストラン。夏場はテラスのお席がお勧めです。
対岸に見えるサンジョルジョ・マッジョーレ島や行き交う船を見ながらのお食事はヴェネツィアでしか味わえない体験となること間違いなし。旬の食材を使ったお料理に合わせたワインのティスティングコースも人気です。

― おすすめレストラン番外編 ―

Restaurant番外編Restaurant番外編

ブラーノ島のお勧めレストラン
Gatto Nero(ガット ネーロ)

Gatto Neroガット ネーロ

住所:Via Giudecca 88 Burano Venezia
TEL:(+39) 041 730 120
平均予算:1人あたり50ユーロほど
営業時間:ランチ 12:00~15:00
ディナー 19:00~22:30
定休日:月曜日

ブラーノ島の家族経営の有名店で魚介類が充実した活気のある人気レストラン。ブラーノ島の絵付のオリジナルのお皿でお料理を提供。ハゼで出汁をとったブラーノ風リゾット(26ユーロx2名様より)、魚介類の盛り合わせ(36ユーロ)がオススメです。晴れた日はテラスでかわいい街を見ながらお食事がオススメです。
*ご料金は予告なく変更になる場合もございます。

\ レストラン予約をご希望のお客様へ /

レストラン予約は、1件に付き 2,200円となります。

から下記内容をご連絡願います。

  • ご希望のレストラン名:
  • ご希望の日程:
  • ご希望のお時間: 例)19時30分 *イタリアは19時以降オープンするお店が多いです。
  • 代表者氏名:
  • ご人数: