イタリア旅行のご相談はこちらから


LINEを通じてイタリア旅行に関するご質問、ご相談を承ります。
お気軽にお友だちに追加してください。

友だち追加

日本語ガイドと巡るローマ1日プライベートツアー(8時間)*ヴァチカン美術館入場チケット付

【お勧めポイント!】

泉の都、歴史の都、バチカン市国を持つローマの街は、世界で一番多くの観光場所を持つ街と言われています。3000年の歴史を誇り、文明の発達の基礎を作ったローマ帝国の偉大さに歴史の深さを感じ、中世の素晴らしい芸術家が豊かさの象徴と言われる噴水をいたる所に作り、街を彩り、カトリック総本山サンピエトロ大聖堂が世界中の方々を宗教と芸術の混入する世界へと導いてくれるローマは、一日にして成らずの言葉の意味を痛感して頂けることでしょう!
現地に詳しい日本語ライセンスガイドと一緒に観光いただくことによって、ローマの歴史や、現地情報などの楽しい話も聴けて、さらに思い出に残るご旅行になられると思います。ガイドさんから美味しいお店やジェラート屋さん、チケットの買い方なども教えてもらえますので翌日にご自身にてローマ観光される場合にも最適です。お帰りはホテルまでお送りいたします(現地解散も可能です)。多くの映画の舞台にもなったローマ、皆さんもその主人公の一人になって見ませんか。

ツアーには下記の1~7の名所が含まれます。

バチカン美術館

1.バチカン美術館

16の回廊に分かれているバチカン美術館は世界で最も多くの芸術品を残す美術館で、連日15000人以上の方が足を運ぶローマの観光名所の重要ポイントとなっています。
全室隈なく見学しようと思えば丸一日以上は軽く掛かると言われていますが、特に必見となるのはバチカン美術館からしか入場できない教皇選挙を行うシステイーナ礼拝堂です。ミケランジェロが4年間で作り上げた天使創造の天井画は神の領域に入るような感動を与えてくれる空間です。
また37歳で亡くなったラファエロの署名の間には世界中の美術の本に載っているアテネの学堂があり、ルネッサンスの素晴らしいフレスコ画を目の当たりにして、中世の天才の感性を感じさせてくれる正にカトリックの歴史が作り上げた芸術を堪能させてくれる美術館です。
ピークの時期は3万人は入ると言われているので、予約をしてゆっくり見学する事をお勧めします。

サン・ピエトロ大聖堂

2.サン・ピエトロ大聖堂

全世界13億のカトリック信者の総本山になるサン・ピエトロ大聖堂は、1506年から120年掛かってルネッサンスからバロックにかけての全ての芸術家建築家によって完成した世界で一番巨大な大聖堂です。
ミケランジェロが24歳で完成したピエタ像を始めとして、ベルニーニの最後の作品やカノーバの作品もあり、直径42メートル高さが135メートルあるクーポラは、ミケランジェロが70歳を超える高齢で依頼を受け、カトリック総本山の威厳を見事に表し、有料エレベーターでクーポラの切替の場所まで行った後は、320段の螺旋階段を登るとローマの一番高い位置から素晴らしい展望を望むことも出来ます。バチカンは天使と悪魔の映画の舞台になりました。
☆ツアーではクーポラには上りません。

コロッセオ

3.コロッセオ

紀元後72年から80年にかけて僅か8年間で完成を見たコロッセオは、ローマ帝国の歴史の中で一番巨大な闘技場。その2000年前の遺跡がほぼ形を変えずに街の中心の佇んでいるのもやはりローマならではの景観でしょう。
世界遺産の見学場所で入場者が1、2位を誇るコロッセオは予約も中々取れないくらい人気の高い観光名所です。
また、コロッセオの地域全体がローマ帝政時代の遺跡の宝庫でローマ帝政時代の中心広場のフォロ・ロマーノを始め、歴代皇帝の住居があるパラテイーノの丘なども見学することが出来ます。映画「グラデイエイター」の舞台にもなりました。

ナヴォーナ広場

4.ナヴォーナ広場

紀元後1世紀にドミテイウス皇帝の競技場がローマの長い歴史のテベレ川の氾濫により土壌質が上がり、現在の広場が16世紀に出来上がります。
ローマの最も美しい広場の一つに数えられるナボーナ広場には、バロック建築の巨匠ベルニーニの4大河の噴水があります。4つの大陸の河を表現した噴水は広場の中心に位置付けられ、多くの方々の目を誘います。
また、ベルニーニのライバルのボロミーニが噴水の目の前に大きな教会を作り上げ、二人のライバル意識を表すモチーフが残ったことでも有名になりました。天使と悪魔の映画の舞台としても有名です。冬はクリスマス市場が出るのでローマっ子も好んで足を運び、パンテオンから徒歩5分の距離なので散策コースとしてお勧めです。

パンテオン

5.パンテオン

建築狂と言われたハドリアヌス皇帝が完成を見たパンテオンは、ローマ帝政時代に作られた世界で最も素晴らしい建築物と賞賛され、現在の建築技術1級と同等に多くの建築専門の方も足を運ぶ重要な見学場所です。
608年から神殿から教会に変わり、現在でもミサの間は見学が不可能になりますが、教会はお墓も兼ねることになりローマはイタリアの首都であり、その中でも特に重要な神殿が教会になった事から、1861年にイタリアを統一したビットリオエマヌエレ2世のお墓やラファエロのお墓も入っています。
かつてミケランジェロがパンテオンに足を運び、神が作った建築物と驚嘆した円屋根建築は9メートルの吹き抜けの穴が開いていて、そこから入る太陽光線は日時計を兼ねていたと言われています。9メートルの穴から太陽光線が差し込む空間に、神の手に繋がるような不思議は感動を与えてくれます。

トレビの泉

6.トレビの泉

紀元後1世紀に水源が出来たという伝説があるトレビの泉は1762年に現在の泉をニコラサルビ考案の凱旋門から出て来る海神ポセイドンの勝利が起用され、三叉路(Tre Via)にあることからトレビの泉という名前がつけられました。
泉にコインを投げれば再びローマに戻って来れるという謂れがあり、観光客の方が必ず足を運んでコインを投げていきます。イタリアのフェンデイが修復費用を援助してくれて泉は美しく蘇り、夜景もとても綺麗で、一年中常に多くの方が泉を愛でる姿はまさにローマを代表するトレビの泉です。トレビの泉の近くに出来たリナッシェンテデパートの地下からローマ時代のトレビの泉の元になった水道橋が発見され、今はそこも見学ポイントの一つになっています。

スペイン階段

7.スペイン階段

1953年のローマの休日の映画で一気に有名になったスペイン階段は、ローマの高級ブティック街コンドッテイ通りの目の前にある事から、毎年ファッションショーを行うことでも有名になりました。
世界3大宝石商のブルガリの本店があり、スペイン階段の修復もブルガリの協力で見学しやすくなりました。現在は、外観を損ねないように階段に座ることは出来なくなりましたが、階段の上にある教会からはローマの街が見晴らせて、夕陽が沈む時間は街中のローマ独特の丸屋根建築の教会がオレンジ色に輝いて、遠くに臨むバチカンのサン・ピエトロ大聖堂が1日の終わりを見守ってくれるようで、ローマの休日の素晴らしさを感じていただけるはずです。

上記①~⑦の名所をご観光後、ローマのホテルもしくはローマ市内中心部にて解散となります。

観光の順番は、当日の状況によって変更になる場合がございます。
観光場所のアレンジは可能ですので事前にお気軽にご相談下さい(当日のアレンジは不可)

実際のご観光場所が、一目でわかる「日本語ガイドと巡るローマ1日観光」マップもございます。
「日本語ガイドと巡るローマ1日観光」のマップを見る
スマートフォンの方は、名所をクリックいただきますと各名所の説明写真をご覧いただけます。

■詳細
料金 大人 お1人様 ¥32,800(2名様でのご参加の場合)
*1名様のみのご参加の場合は、¥63,800となります。
*3名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥23,800となります。
*4名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥19,800となります。
ご料金に含まれるもの:日本語ガイド代、ヴァチカン美術館入場料
催行日 月~土(ただしヴァチカン美術館の休館日を除く)
最少催行人数 1名様より
開始時間 午前9時開始
所要時間 所要時間 約8時間
<スケジュール(モデルプラン)>

09:00
日本語ガイドがホテルにお迎えに上がります。
公共交通機関もしくはタクシーにてヴァチカン美術館へ
移動費用は現地お支払い【お客様ご負担】09:30
ヴァチカン美術館、サンピエトロ寺院(クーポラ除く)をご見学

12:30(予定)
ランチ
ランチ代金は現地お支払い【お客様ご負担】
日本語ガイド分もご負担願います

14:00(予定)
コロッセオ見学(入場)
ナヴォーナ広場、パンテオン(入場)、トレヴィの泉、スペイン広場

17:00
ローマ市内ホテルもしくはローマ市内中心部にて解散
*ご希望の場合は、ガイドがタクシーをお手配いたします。

☆観光のスケジュール、順番等は当日の状況によって変更になる場合がございます。
ガイド 日本語ガイド付
食事 ランチ代は現地お支払い【お客様ご負担】
日本語ガイド分も、ご負担願います。
備考 ・上記料金に含まれるもの:日本語ガイド代、ヴァチカン美術館入場料
・ご料金に含まれないもの:コロッセオ入場料、移動費用(タクシー、公共交通機関)は現地お支払いとなります。
・日本語ガイドのランチ代はご負担いただきます。(現地お支払)
・教会訪問の際、半ズボン、ミニスカート、ランニング、タンクトップなど肌の露出度の多い服装では入場できませんのでご注意ください。(ジーンズ可)
*日本語ガイドへのチップ(目安各20ユーロ)は現地お支払いとなります。