イタリア旅行のご相談はこちらから


LINEを通じてイタリア旅行に関するご質問、ご相談を承ります。
お気軽にお友だちに追加してください。

友だち追加

シチリア観光案内

イタリアマップ

シチリア観光案内

地中海の真ん中に位置するイタリア最大の美しい島、シチリア島。
古代からギリシア、ローマ、アラブなどさまざまな文明が融合し、エキゾチックな面影も残している神殿や教会、そして美しい青空と群青の海や、噴火を続けているエトナ山など、見どころがたくさんございます。豊かな大地シチリアでは、美味しい食事やワインも楽しめます。
映画「グランブルー」で有名になった美しいイオニア海とエトナ山を望める高級リゾート地タオルミーナをはじめ、シチリア最大の都市パレルモ、古代ギリシアの壮大な神殿跡が残るアグリジェントなど、美しいシチリアへヴァカンスに出かけてみてはいかがでしょうか。

― 見どころ ―

見どころ見どころ

フェニキア人が“ZYZ” 栄光、華と呼び、紀元前7世紀に築き上げた街は、ガリバルディ到来、1943年アメリカ軍空爆の被害の跡が今日も残ります。ゲーテがイタリア紀行に書きました、”パレルモの空を一度仰いだ者は生涯記憶に残る”と。豪華さとデカダンスが混在する街は、混沌とした旧市街地区で足を止め、過去の歴史の流れに想いを膨らませると、体中にゾクゾクとした興奮が沸きおこります。その印象はイタリアの、他のどの街とも異なった特殊な感覚に陥ります。
パラティ-ナ礼拝堂

パラティ-ナ礼拝堂ノルマン王宮内の2階にあります

豪華絢爛な礼拝堂は、1143年ノルマン王朝国王ルッジェ-ロ2世の時代に完成しました。アラブノルマン様式の建築物として2015年ユネスコの世界遺産にも登録されています。高度な技術で作られたムカルナスと呼ばれる木造天井は、目を凝らすと絵が一つ一つ描かれています。建築後870年以上経つ現在も、礼拝堂として実際にミサが行われています。
*パラティ-ナ礼拝堂 王宮内
 火曜日、水曜日、木曜日8,00ユ-ロ(それ以外、祝日も含め9,50ユ-ロ)
 ルッジェ―ロの間は、さらに3ユ-ロ追加が必要です。
パレルモ大聖堂

パレルモ大聖堂

1185年大司教によって今日のような大聖堂に造り変えられますが、既にビザンツ支配の時代に教会として使われ、イスラム支配下ではモスクに姿を変えます。古い外観に比べ18世紀に改装された内部には、ルネッサンス期からバロック期までの数々の作品が残ります。パレルモ守護聖女ロザリアを崇める祭りが、毎年7月14日盛大にこの大聖堂から始まります。ミサや重要儀式の際、入場見学が不可の場合もあります。
プレトリア広場

プレトリア広場

街のシンボルともなるクアトロカンティからすぐ脇に位置する広場は、カラ-ラ産の大理石で、フィレンツェの彫刻家フランチェスコカミリア-二によって作られた裸体の像が2重の円で並び、16世紀のイタリアらしい景観が広がります。当時女子修道院が広場に近接し、彼女たちがこれらの裸の像を非難したという伝説も残ります。
マルトラ-ナ教会

マルトラ-ナ教会

ベッリ-二広場に面する2つの教会のひとつで、ルッジェ-ロ王に仕えた重臣が街を衛るかの役割も果たすよう、1143年に聖母に捧げた教会です。鐘楼にもアラブノルマン建築の跡が刻まれています。正式名はサンタマリア デッリ アミライオ教会ですが、愛称でマルトラ-ナ教会と呼ばれる所以は、女子修道院長の名がつけられています。シチリアの名物お菓子マルトラ-ナの発祥の地でもあります。
*入場料 2ユ-ロ(確認が必要です)
マッシモ劇場

マッシモ劇場

ヨ-ロッパ3代オペラ劇場の一つに数えられます。1875年から22年かけて完成された国内最大のオペラ劇場です。マリアカラス、パヴァロッティ、数々の有名オペラ歌手の写真も館内に飾られています。ゴッドファーザーシリ-ズ第3作最後のシ-ンに出てくる、劇場正面玄関も見応えがあります。正面左奥には、ベルディの銅像が迎えてくれます。
館内は混載見学ツア-に参加が必須になります。各自で自由に見学はできません。受付は9時半から始まりますが、見学ツア-は大体10時くらいからスタ-トし、17時が最終になります。予めの予約がおすすめです。見学ツア-はお一人さま8ユ-ロです。入場料もオンライン振込可能です。また、イベントやリハ―サルなどが当日予定され、見学時間が変更もしくは不可になることもあります。その場合は別途プレトリア広場などを代替でご案内します。
市場

市場

新鮮な食材が品数多く、値段も安く手に入るのが市場の特徴。地元の人にとっても重要な買い物場所で、生活の様子が見られます。惣菜屋さんも立ち並び、生絞りのオレンジジュ-スやザクロジュ-ス(季節によって無い場合も)も目の前で作ってくれます。
*写真はカーポ市場
モンレア-レ大聖堂

モンレア-レ大聖堂

1174年ノルマン王グリエルモ2世によって造られます。パレルモ郊外の小さな隣町に建つ、立派な大聖堂は足を踏み入れた途端にため息が零れるほど。外部からは全く想像のつかない、その富と権力のスケ-ルに言葉が失われます。黄金の輝きは今日も失われることはなく、一つ一つ丁寧な当時の職人の技は、現代の技術を持っても立ち向かえないでしょう。
10名以上は有料となり、お一人様4ユ-ロ必要になります。季節によって、開館時間が様々なので、その都度確認が必要です。一般的に8時半から13時、14時半から16時半です。日曜日などミサ、結婚式などの儀式の際は一切の観光客の出入りが禁止されます。
モンレア-レ回廊

モンレア-レ回廊

ベネディクト派修道院の回廊としてグリエルモ2世の命によって造られます。柱に何一つ同じデザインのないモザイクの飾り付けが、200本以上ある内の半分の数が並びます。また柱頭の彫刻が高い評価を受けています。聖書に出てくる場面や、空想上の動物、宗教上の植物などが大変細かく表現されています。修道士が瞑想にふけっていたその場所は、私たちにとってもどことなく心の落ち着く空間です。
*入場料 6ユ-ロ(日曜日は閉まっています)

― パレルモ近郊のお勧め観光場所 ―

チェファルの見どころチェファルの見どころ

チェファル大聖堂

チェファル大聖堂

岩山絶壁のふもとに、二つの塔が目印で遠くからでもすぐ目に入る大聖堂は、ノルマン王ルジェ―ロ2世が自身の墓を置くために1131年からもともとの教会を造り変える計画をしま。今日、王の墓は大聖堂の中にはどこを探しても見当たらず、それは後にフェデリコ2世がパレルモの大聖堂へ移してしまい、ともにパレルモ大聖堂に眠っています。中央祭壇にある金の十字架は、毎年復活祭の聖週間には裏側を向き、イエスの復活が讃えられます。
*4月から10月までは昼休みがありません。冬季は9時から13時、15時から17時となります。入場無料です。ミサの際には入場観光できません。

ワイナリー(DUCA DI SALAPARUTA)

DUCA DI SALAPARUTA(ドゥーカ ディ サラパルータ)

1824年からの古い歴史を持つ家系で、シチリアでも有数の老舗ワイナリ-です。ショップやワイナリ-も充実し、通常郊外の時間をかけてのワイナリ-訪問も、ここだとパレルモ市内から比較的近くおススメです。

アグリジェントの見どころアグリジェントの見どころ

チェファル大聖堂

紀元前583年ギリシャ植民地として築かれたアクラガス。コバルトブル-の地中海を背景に並ぶ神殿跡は、2000年以上の栄枯盛衰に馳せられます。当時の街があった場所に広がる現在のパノラマは一面ア-モンド、オリ-ブ畑です。常に神話の欠かせないシチリア島で、最も魅力的な場所と言えるでしょう。地元の人はギリシャ本国よりも素晴らしいと誇りにしています。一つだけでなく連なるいくつもの神殿群は、当時の人間の力を見せつけられます。
神殿の谷

神殿の谷

丘の上にヘラ神殿、コンコルディア神殿、ヘラクレス神殿、と数々の柱が並びます。海岸沿いから入ってきて城壁のすぐ脇に造られた神殿は、要塞の役割をも果たした神殿になります。人間が作った建物で最も美しいと表現された保存状態の良いコンコルディア神殿。季節ごとに、その時期ならではの美しい景色が楽しめます。50年以上かけて完成させた各神殿を、実際に近くからその大きさを見ることによって、当時の技術の力を計り知ることができます。
*入場料 10ユ-ロ
オンライン支払をされますと、セキュリティーを通過した後チケット購入する列に並ばず、速やかに入場できます。

タオルミーナの見どころタオルミーナの見どころ

チェファル大聖堂

2017年5月27日、28日にG7サミット開催地になったタオルミナの街。シチリアの人よりも海外からの観光客が多く、シチリアのリゾ-ト地として、特に20世紀初頭は各界著名人の間でも人気のある場所でした。1960年代まではカジノでも目立ちました。ブーゲンビリアが冬でも美しく咲き、オレンジの香りが漂ってくるメインストリ-トは端から端まで1キロちょっと、と大変小さな街で路地裏の小道や坂道、階段など、どこをとっても写真になる風景です。
ギリシャ劇場

ギリシャ劇場

シチリアではシラク-サにあるギリシャ劇場に次ぐ、第2の大きさを誇ります。ですが、美しさでは何といってもシチリア一番と言えるでしょう。空気が澄んでいると、劇場背景にそびえ立つ活火山エトナが借景の効果を得て、くっきりと映えます。日本の富士山と同時に2013年ユネスコ世界遺産に登録されました。目を閉じると、カヴァレリア・ルスティカーナのオペラかゴッドファーザーのテ-マかどちらが心に響いてくるか、訪問してからのお楽しみです。
*入場料 10ユ-ロ
オンライン支払いをされますと、並ばずに速やかに入場できるメリットがあります。9時から開きますが、閉まる時間が季節によってさまざまです。

エトナ山

エトナ山

裾野が広がるパノラマは、3000メ-トル以上には見えないという印象があります。五十万年もの歴史の間に、繰り返す噴火で溶岩が流れ出て少しずつ固まったためです。真っ黒い溶岩はラヴァとよばれ、エトナふもとの村々には、黒味を帯びた建物が多いです。海から50分ドライブすると、山頂ではスキ-リフトの設備も整い、世界中を見ても唯一のロケ-ションでしょう。森林浴や、四季折々の景色が楽しめます。(真冬は難しいです)

― タオルミーナ近郊のお勧め観光場所 ―

カターニアの見どころカターニアの見どころ

カタ-ニア大聖堂

カタ-ニア大聖堂

何度も地震の被害をうけ、その度に修復改装を繰り返し、今日の立派なバロック建築が残ります。カタ-ニア守護聖人となる聖女アガタが崇められ、祭壇後ろにはフレスコ画で大きく描かれています。カタ-ニア出身のヴィンチェンツオ べリ-二のお墓も大聖堂内にあります。彼のオペラが音符で刻まれています。

ロ-マ劇場

ロ-マ劇場

入場は有料になります。(入場料 6ユ-ロ)
正確な創立時期はわかっていませんが、ロ-マ支配下に造られたと研究されます。街中に残る劇場の一部は周囲の新しい建物に囲まれ、過去と現在が同時に存在します。地震後に、利用された場所や、劇場内から発掘されたロ-マ時代の彫刻なども必見です。
注):TEATRO ROMANOと ANFITEATRO ROMANOと、街中に2つあるのでご注意ください。ANFITEATROは遺跡が一部残っている様子を上から見ることができます。無料ですが、門が閉まっていることがほとんどですので、その場にならないと中まで降りていけるかどうか分かりません。中に入らなくても、上から覗くことは可能です。また特にすごく魅力的というほどでもないです。こちら記載しますのは、もう一つのTEATRO ROMANOになります。

べリ-二劇場

べリ-二劇場

市民のためにもともと計画された劇場は今日立派なオペラ劇場として残ります。偉大なるヴィンチェンツオ べリ-二のオペラで幕開けとなった記念すべき劇場。こじんまりとしてますが、内部は音響効果もきちんと計算され、評価されています。現在経営難のため、将来的に閉鎖するかもしれないのでその前にぜひ一度ご覧になるのはいかがでしょう。館内見学は予約必須となります。

― シチリアのおすすめレストラン ―

RestaurantRestaurant

パレルモでは、リゾットにひき肉のソースを入れ、揚げたライスコロッケのアランチーニ(Arancini)、リング状のパスタをオーブンで焼く パスタ・アル・フォルノ(Pasta al forno) も人気です。お魚も新鮮なものが多いので、イワシのパスタ(Pasta con le sarde)やシチリアの名産オレンジにオリーブ、ういきょう、アンチョビなどを入れたサラダ (Insalata di Arance)、ナスやズッキーニなどを素揚げして、甘酸っぱく煮込んだカポナータ(Caponata)も美味しいのでお勧めです。

デザートもシチリアは美味しいものが多いです。小麦粉ベースの生地を筒状に揚げ、その中にリコッタチーズなどと詰めたカンノーロはゴッドファーザーPart Ⅲにもでてくるシチリアで有名なデザートです。ブリオッシュ(パン)にジェラートを挟んで食べるブリオッシュ・コン・ジェラート(Brioche con gelato)もシチリアでは定番です。
ぜひトライしてみては?

SIT & MANCIA(シット&マンチャ)

SIT & MANCIAシット&マンチャ

住所:VIA PORTA CARINI 63 PALERMO
TEL:(+39) 328 258 3959
平均予算:20ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 9:00~15:00
ディナー 19:00~24:00(月曜日はなし)
定休日:なし

カーポ市場の中にあるお店。市場の中の建物内に15席ほど、店外の通りに面した部分にも10席ほどあり気楽な雰囲気なお店です。お惣菜のように地元の家庭料理がショ-ケ-スなどに並んでいるので自分で食べたいものを実際に目で見て選べます。ナスや揚げ物、野菜のフリット、お肉もその場で選んだものをグリルしてくれます。魚のメニュ-は少ないです。
シチリアワインも比較的数は置いてあります。食事の時間を早めに済ませたい方にはおススメです。

Ristornte SESTO CANTO(リストランテ セスト カント)

Ristornte SESTO CANTOリストランテ セスト カント

住所:VIA SANT’OLIVA 26 PALERMO
TEL:(+39) 091 324543
平均予算:30ユ-ロ前後 ディナ-は60ユーロ前後
営業時間:ランチ 13:00~15:30
ディナー 20:00~22:30
(土曜日:ディナ-のみ/日曜日:ランチのみ)
定休日:なし

店内のテ-ブル数は15席ほどの小洒落たレストラン。クオリティの高い魚介料理のお店。オーナーシェフのリカルド氏は、世界各地で修行を重ね、2011年にお店をオープン。細かなリクエストにもこたえてくれます。季節ごとにメニュ-が変わります。
中心部から少し離れているのでタクシー利用をお勧めします。

OSTERIA BALLARO(オステリア バラッロ)

OSTERIA BALLAROオステリア バラッロ

住所:VIA CALASCIBETTA 25 PLERMO
TEL:(+39) 091 326488
平均予算:30ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 12:00~15:00
ディナー 19:00~23:00
定休日:なし

ワインの種類も豊富なワインレストラン。斬新なアイデア料理でも安定したそのおいしさはいつ行っても信頼できます。ホテルピアッツアボルサの裏に位置します。細い路地裏を5メ-トルほど入るので少し分かりにくいかもしれません。旧市街地区にあります。

Ristorante L'OTTAVA NOTA(リストランテ ロッタ―ヴァ ノータ)

Ristorante L’OTTAVA NOTAリストランテ ロッタ―ヴァ ノータ

住所:VIA BUTERA 55 PALERMO
TEL:(+39) 091 6168601
平均予算:70ユ-ロ前後
営業時間:ディナーのみ 19:30~23:00
定休日:日曜日

スペインで15年、シチリア料理店を経営していたオーナーシェフのファリーナ氏。2012年にオープン。
シチリア産をメインに、素材を生かした創作系料理。パレルモのセレブたちも通う高級レストランです。
映画”山猫”の作家ジュゼッペ・トマ-シ・ディ・ランペドゥ-サが住んでいたお屋敷の通りを挟んだ向かいにあります。店内は建築でザイナーの妹さんが手掛けたモダンな雰囲気です。

Ristorante CHARLESTON(チャールストン)

Ristorante CHARLESTONチャールストン

住所:VIA REGINA ELENA 37/39 Palermo
TEL:(+39) 091 450171
平均予算:70ユ-ロ前後
営業時間:ディナーのみ 20:00~23:30
定休日:水曜日

パレルモ郊外のモンデッロ地区の老舗高級レストラン。女性好みなお洒落な料理でロマンチックな一時を。季節によってメニュ-が変わります。各お料理に合わせて、ソムリエが美味しいワインもチョイスしてくれます。食後に海辺の散歩もおススメです。
レストランまではタクシー利用をお勧めします。パレルモ市内からタクシーで約15~20分です。

― パレルモ近郊のおすすめレストラン ―

アグリジェントのRestaurantアグリジェントのRestaurant

TRATTORIA DEI TEMPLI(トラットリア デイ テンプリ)

TRATTORIA DEI TEMPLIトラットリア デイ テンプリ

住所:VIA PANORAMICA TRATTORIA DEI TEMPLI 15 AGRIGENTO
TEL:(+39) 092 2403110
平均予算:30ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 12:45~15:00
ディナー 19:30~23:00
定休日:4月~10月はなし
11月~3月までは日曜定休日(予定/空き状況は要確認)

魚料理はどれも絶品。デザ-トも店内ドルチェ担当の料理人が毎日手作りし、甘すぎず好評です。2人の兄弟で経営する、そのオーナ-さん達に本日のおススメを聞くとよいです。神殿の谷の入口まで車で5分ほどの距離に位置します。

タオルミーナのRestaurantタオルミーナのRestaurant

タオルミーナでは魚介が新鮮なので、ウニのパスタ(spaghetti ai ricci di mare) や、カジキマグロ(Pesce spada)のステーキ(alla griglia)や煮込み(in umido)も美味しいです。マグロトマトソ-ス煮込み料理(tonno al sugo)やタコのサラダ (insalata di polpo)もお勧めです。
RISTORANTE TIRAMISù(リストランテ ティラミス)

RISTORANTE TIRAMISùリストランテ ティラミス

住所:VIA CAPPUCINI 1 TAORMINA
TEL:(+39) 094 224803
平均予算:20ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 13:00~15:00
ディナー 19:30~23:30
定休日:木曜日

もう一つのカタ-ニア門近くのTRATTORIA TIRAMISUとは別のお店なので要注意です。どちらも家族系列で、オ-ナ-はそれぞれ兄弟ですが、あまり仲がよくないそう。。。ピザも美味しいですし、スカンピのパスタはいつも好評です。メッシ-ナ門から少し上に位置します。

RISOTRANTE MALVASIA(リストランテ マルヴァシア)

RISOTRANTE MALVASIAリストランテ マルヴァシア

住所:VIALE APOLLO ARCAGETA 8 TAORMINA
TEL:(+39) 094 2625858
平均予算:20ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 12:30~14:30
ディナー 19:00~23:00
定休日:なし

レモンのパスタが美味しいと評判のお店。日本語のメニュ-もあります。店内は小じんまりとしていて、入りやすいカジュアルなレストランです。

Ristorante GRANDUCA (リストランテ グランデューカ)

Ristorante GRANDUCAリストランテ グランデューカ

住所:CORSO UMBERTO I 172 TORMINA
TEL:(+39) 094 224983
平均予算:30ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 13:00~15:00
ディナー 19:30~23:00
定休日:なし

タオルミナでは簡単そうに思えて以外と見つけるのが難しい、SEA VIEWのレストラン。
イカ墨やウニのパスタが美味しいです。ウニは季節によって仕入れできないときもあります。

OTTO GELENG  RESTAURANT(オットー ジェレング レストラン)

OTTO GELENG  RESTAURANTオットー ジェレング レストラン

住所:VIA TEATRO GRECO 59 TAORMINA(Grand Hotel Timeo内)
TEL:(+39) 094 26270200
平均予算:ランチ70ユーロ前後
ディナ-100ユ-ロ前後
営業時間:ランチ 13:00~14:30
ディナー 19:30~22:00
定休日:なし(ホテルの定休日に準ずる)

ドイツの画家でタオルミーナの伝説的人物、オット・ジェレングにインスパイアされた料理を毎晩限定16名のみ楽しめるレストラン。ミシュランの1つ星を獲得したエグゼクティブシェフ、ロベルト・トロのメニューは、古典的な地中海料理をアレンジしたものです。どの料理も、伝統と革新性を魅力的に表現しています。素晴らしいお料理を、レストランからの絶景とともにさらに堪能できます。優雅な一時は一生の想い出となるでしょう。

\ レストラン予約をご希望のお客様へ /

レストラン予約は、1件に付き 2,200円となります。

から下記内容をご連絡願います。

  • ご希望のレストラン名:
  • ご希望の日程:
  • ご希望のお時間: 例)19時30分 *イタリアは19時以降オープンするお店が多いです。
  • 代表者氏名:
  • ご人数: