イタリア旅行のご相談はこちらから


LINEを通じてイタリア旅行に関するご質問、ご相談を承ります。
お気軽にお友だちに追加してください。

友だち追加

イタリアから日本への帰国時には「出国前72時間以内の陰性の検査証明書」が必要です
イタリアから帰国予定の方

専用車で巡る映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のロケ地を巡るツアー【日本人通訳同行】

【お勧めポイント!】

少年トトと映画技師アルフレードの友情、映画に対する愛情が描かれた感動の名作映画「ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo cinema paradiso)」のロケ地を巡るプライベートツアーツアーです。パレルモのご滞在ホテルまで、日本人通訳とイタリア人ドライバーがお迎えに上がり、専用車にてトトが映画技師として働いていた映画館「パラダイス座」があったパラッツォ・アドリアーノに向かいます。パラッツォ・アドリアーノでは、映画博物館や街中のロケスポットを散策します。
その後、トトが成長し、夏の屋外劇場のシーンで使われた海沿いの街、チェファルへ。
チェファルでランチ休憩を取りながら、日本人通訳とともに映画のロケ地を散策いたします。
*エンニオ・モリコーネの主題曲「Cinema Paradiso」をご自身で事前にダウンロードして、現地で聞きながら、観光されると映画の世界に浸れ、さらに楽しいです。

パラッツォ・アドリアーノの広場

1.パラッツォ・アドリアーノの広場

映画の中では、ジャンカルド村として、映画館「(新旧)パラダイス座」があった広場です。懐かしい映画シーンを思い出しながら散策いただきます。

ニュー・シネマ・パラダイスの映画館博物館

2.ニュー・シネマ・パラダイスの映画館博物館

パラッツォ・アドリアーノには、ニュー・シネマ・パラダイスの映画博物館がございます。ファンの方、必見の博物館です。映画のお写真、撮影グッズが当時のまま飾られております。

チェファルの海辺

3.チェファルの海辺

映画「ニューシネマパラダイス」の夏の屋外劇場のシーンで使われた場所です。上映中、嵐が来て、突如、エレナが現れるシーンの場所です。夏は海水浴客が多く訪れる人気のスポットです。

チェファルの大聖堂

4.チェファルの大聖堂

映画には登場いたしませんが、チェファルの街での見所として、2015年に世界遺産に登録された大聖堂はお勧めです。岩山絶壁のふもとに、二つの塔が目印で遠くからでもすぐ目に入る大聖堂は、ノルマン王ルジェ―ロ2世が自身の墓を置くために1131年からもともとの教会を造り変える計画をしました。今日、王の墓は大聖堂の中にはどこを探しても見当たらず、それは後にフェデリコ2世がパレルモの大聖堂へ移してしまい、ともにパレルモ大聖堂に眠っています。中央祭壇にある金の十字架は、毎年復活祭の聖週間には裏側を向き、イエスの復活が讃えられます。
*入場無料、冬季(11月~3月)のみ:13時~15時まで閉まります。ミサの際には入場観光できません。

■オプショナルツアー詳細
料金 大人 お1人様 33,800円(2名様ご参加の場合)
*1名様の場合 67,600円
*3名様以上の場合は、お問い合わせ願います。
ご料金に含まれているもの:専用車、日本人通訳
催行日 毎日
最少催行人数 1名様より
開始時間 午前9時開始
所要時間
8時間
<スケジュール(モデルプラン)>
09:00
パレルモホテル発 専用車と日本人通訳がホテルにお迎えに上がります。
11:00
パラッツォ・アドリアーノ着
映画博物館、街中のロケ地を日本人通訳と散策
14:00
チェファル着
ランチ休憩(ランチ代は現地お支払い【お客様ご負担】)
日本人通訳のランチ代もご負担願います。
ランチ後、街中のロケ地を日本人通訳と散策
16:00
チェファル発
17:00
パレルモホテル着
*交通状況により、スケジュールがご変更になる場合もございます。
通訳 日本人通訳付
食事 料金に含まれておりません。
*現地お支払いとなります。(日本人通訳分もご負担願います)
備考
  • ・ご滞在ホテルにお迎えに上がります。(パレルモ市内中心部のホテルに限ります)
  • ・ランチ代は現地お支払い【お客様ご負担】
    日本人通訳のランチ代もご負担願います。
  • ・日本人通訳&ドライバーへのチップ(目安各20ユーロ)は現地お支払い【お客様ご負担】となります。