イタリア旅行のご相談はこちらから


LINEを通じてイタリア旅行に関するご質問、ご相談を承ります。
お気軽にお友だちに追加してください。

友だち追加

イタリアから日本への帰国時には「出国前72時間以内の陰性の検査証明書」が必要です
イタリアから帰国予定の方

Archives

日本語ガイドと巡るレッチェ・ウォーキングツアー【2時間】

【お勧めポイント!】
レッチェは、イタリア半島をブーツの形に例えると踵(かかと)に位置し、レッチェ産の石の色から“はちみつ色の町”とも言われています。ローマ帝国時代の遺跡とバロック建築が競演する旧市街地は、イタリアの都市の中でもエレガントで安全な街並みとして多くの観光客を集めています。
迷路のように入り組んだ狭い道を曲がる度にビックリする仕掛けがあるバロックの劇場空間を、現地在住の日本語ガイドが効率よく、楽しくご案内いたします。
サンタ・クローチェ教会

1.サンタ・クローチェ教会

レッチェ風バロックの至高の体現として知られる教会。長年の修復を経てかつての輝かしさを取り戻しました。ファサードを隙間なく埋め尽くす目が眩いばかりの彫刻群はレッチェ特産の石灰岩特有の軽やかで優美に仕上がり、隣接する修道院(現・県庁)との調和は他に類を見ない美しさです。内部も「聖フランチェスコ・ダ・パオラ」の祭壇に見られるようにメッセージ性に溢れていながら、その精巧さは当時のカトリックの教えを伝える役割だけに終わっていません。
(ご入場の際は、有料となります)

大聖堂(ドゥオモ)

2.大聖堂(ドゥオモ)

大聖堂は、サンタクローチェ教会とならぶレッチェが誇るバロック建築です。大聖堂前の広場を通り抜けると、大聖堂の美しい左側面入り口が見えます。レッチェの人々に愛され続ける大聖堂の装飾の美しさをご堪能いただけます。
(ご入場の際は、有料となります)

大聖堂広場(ドゥオモ広場)

3.大聖堂広場(ドゥオモ広場)

教会には珍しい閉じた広場内にある大聖堂を中心とする教会複合施設。
元々ローマ帝国時代の中心フォロのあった場所に位置する大聖堂広場は、夜景も幻想的で時を忘れて佇んでしまいます。広場には大聖堂の他に神学校跡(現・美術館)や古い時計の架かる司教館、建設当時ヨーロッパでもっとも高かった鐘楼が広場空間を絵画のような構図に仕上げています。
映画「あしたのパスタはアルデンテ」では、この大聖堂広場にて撮影が行われました。

円形闘技場跡

4.円形闘技場跡

紀元前3世紀ごろローマ帝国支配下に入ったレッチェは、帝国時代の東西貿易の中心地としていかに繁栄していたかの象徴的建造物。「ローマ劇場」跡も300メートルのところに残っています。発掘は20世紀に入ってのことで、円形闘技場の殆どは建物の下に眠っていますが、現在でも当時の石の客席を利用してのコンサートや演劇の会場として21世紀に受け継がれています。
(ご見学は外観のみとなります/ご入場いたしません)

聖イレーネ教会

5.聖イレーネ教会

レッチェのかつての守護聖人、聖イレーネを冠した教会です。ファサード正面には、レッチェ市のシンボル「樫の木と狼」とともに聖女の像が刻まれております。
(ご見学は外観のみとなります/ご入場いたしません)

聖オロンツォ広場

6.聖オロンツォ広場

旧市街地の中心で町の人が行きかうランドマーク的広場。市役所をはじめ、レストランやバールなども多数集まっていて、賑やかでそして便利な広場。バールのテラス席に座ってレッチェの美味しいコーヒーを飲みながら広場を行きかう人をのんびり眺めるのも楽しいです。

カルロ5世城

7.カルロ5世城

オスマントルコ軍から町を守るために増築された防御の為の城。現在では堀は埋められ、跳ね橋も取られているが旧市街と新市街の真ん中に建っています。内部見学も可能で、特に地下部分は当時の面影を多く残しています。
(ご入場の際は、有料となります)

ナポリ門

8.ナポリ門

レッチェにバロック建築をもたらしたカルロ5世は、オスマントルコ軍から町を守るために、城塞と城壁を築きました。現在も、城壁につくられた門が3つ残されており、その1つが「ナポリ門」です。

お菓子

9.お菓子

「パスティチョット(写真)」というタルトやアーモンドプードルを焼きこんだクッキー、ドライフルーツをチョココーティングした老舗のチョコレート屋さん、新旧それぞれに味わいのあるジェラート屋さん、などなど・・・レッチェの街中には、あちこち美味しいお店がございます。日本語ガイドがツアー中に、お勧めのお店をご案内いたします。

ツアーには上記①~⑨までの名所・場所が含まれます。

観光の順番は、当日の状況によって変更になる場合がございます。
観光場所のアレンジは可能ですので、事前にお気軽にご相談下さい。

■詳細
料金 大人 お1人様 ¥10,800(2名様でのご参加の場合)
*1名様のみのご参加の場合は、¥21,600となります。
*3名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥7,800となります。
*4名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥6,800となります。
※ご料金に含まれているもの:日本語ガイド
催行日 毎日
スケジュール 所要約2時間
<スケジュール(例)>

10:00
レッチェホテルご出発
日本語ガイドがホテルまでお迎えにあがります。
上記①~⑨の観光スポットを日本語ガイドが歩きながらご案内いたします。

12:00
レッチェのご滞在ホテルもしくは中心地にて解散☆観光の順番は、当日の状況によって変更になる場合がございます。
日本語ガイド 日本語ガイド(2時間)
ランチ なし
備考 ・日本語ガイドへのチップは10~15ユーロにてお願いしております。
(現地お支払い【お客様ご負担】)
・入場料は現地お支払い【お客様ご負担】となります。

【入場料】
大聖堂:お1人様 5ユーロ
サンタクローチェ教会:お1人様 5ユーロ
大聖堂とサンタクローチェ教会のセット:お1人様 6.5ユーロ
カルロ5世城:お1人様 4ユーロ
☆ご料金は予告なく変更になる場合がございます。

専用車で巡るオートラント半日観光【日本語ガイド同行】

【お勧めポイント!】
イタリアの太陽はオートラントから昇ると言われているイタリア半島最東端の町。
東からの玄関口として、ローマ帝国時代以前より栄えていた。「イタリアの最も美しい村」にも選出されている旧市街地は、のどかな海辺の避暑地の風情と当時の栄華を忍ばせる古跡とが共存している。その中でも見どころは何と言っても大聖堂の床を埋め尽くすモザイクです。ツアーでは町から近いところにある最東端の灯台も見学(外観)します。
オートラント

1.オートラント

イタリアの太陽はオートラントから昇ると言われているイタリアの最東端にある港町。ローマ帝国以前より栄え、「イタリアの最も美しい村」に選ばれている旧市街は、素朴な海辺の町としてのどかな海辺の避暑地の風情と当時の栄華をしのばせる古跡とが共存しています。
曲がりくねった路地が交差する町を散策するのも楽しいです。町の中心地にある大聖堂は、12世紀のユニークなモザイクの床が広がっています。町の人々もどこかのんびりとしており、ゆっくりした時間が流れているように感じていただけます。

オートラント大聖堂

2.オートラント大聖堂

神話、聖書、文学などが描かれた床一面800㎡以上のモザイクは必見。
営業時間:朝7時~12時、15時~18時(お昼は教会が閉まっています)

パラシア岬の灯台

3.パラシア岬の灯台

1867年に建てられたオートラントのパラシア岬の灯台は、イタリアの最東端に位置する灯台です。新年には、イタリアで最初の初日の出を見るために、多くの人が集まります。新年最初の太陽は幸運をもたらすと言われております。
(灯台は外観からのご見学のみとなります)

上記①~③の名所をご観光後、レッチェのホテルに戻って解散となります。

■詳細
料金 大人 お1人様 ¥28,800(2名様でのご参加の場合)
*1名様のみのご参加の場合は、¥55,800となります。
*3名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥19,800となります。
*4名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥17,800となります。
催行日 毎日
最少催行人数 1名様より
開始時間 午前9時開始
所要時間 所要時間 約4時間
<スケジュール(モデルプラン)>

09:00
日本語ガイドとドライバーがホテルにお迎えに上がります。

09:45
オートラント着
日本語ガイドと市内散策

11:15
オートラント発

11:30
パラシア岬着
灯台をご見学いただきます(外観のみ)

12:00
パラシア岬発

13.00
レッチェホテル着

☆道路状況によってスケジュールが変更になる場合もございます。
ガイド 日本語ガイド付
食事 なし
備考 *レッチェご滞在ホテルにお迎えに上がります。
*ご入場料は現地お支払い【お客様ご負担】となります。
*ドライバー、日本語ガイドへのチップ(目安各10ユーロ)は現地お支払いとなります。

専用車で巡るサレント半島1日観光 【日本語ガイド同行】

【お勧めポイント!】
現地在住日本語ガイドと周るイタリアの“かかと”の先端、レウカ岬まで足を延ばす1日観光ツアーです。イタリア半島最東端の町オートラントを観光した後、「地の終るところ」と形容されるイタリアの“かかと” サレント半島を景勝地での写真ストップをしながら変化に富むアドリア海沿岸をドライブし、レウカ岬まで足を延ばすツアーです。ランチは海沿いのレストランをご案内いたします。各街、さまざまな良さをお楽しみいただけるおすすめツアーです。
詩の洞窟

1.詩の洞窟(Grotta della Poesia/ Roca Vecchia)

Roca Vecchiaは、レッチェから約25kmのにある海辺のリゾート地です。ここには、世界で最も美しい自然のプールの一つがあります。それはGrotta della Poesia(詩の洞窟)と呼ばれ、毎年何千人もの観光客を魅了しています。夏場は、人が多く、事故防止のため、現在、柵が張られております。
(ご入場の際は、有料となります/営業時間9~17時)

オートラント

2.オートラント

イタリアの太陽はオートラントから昇ると言われているイタリアの最東端にある港町。ローマ帝国以前より栄え、旧市街は、「イタリアの最も美しい村」に選ばれている旧市街は、素朴な海辺の町としてのどかな海辺の避暑地の風情と当時の栄華をしのばせる古跡とが共存しています。曲がりくねった路地が交差する町を散策するのも、楽しいです。町の中心地にある大聖堂は、12世紀のユニークなモザイクの床が広がっています。町の人々もどこかのんびりとしており、ゆっくりした時間が流れているように感じていただけます。

オートラント大聖堂

3.オートラント大聖堂

神話、聖書、文学などが描かれた床一面800㎡以上のモザイクは必見。
営業時間:朝7時~12時、15時~18時(お昼は教会が閉まっています)

パラシア岬の灯台

4.パラシア岬の灯台

1867年に建てられたオートラントのパラシア岬の灯台は、イタリアの最東端に位置する灯台です。新年には、イタリアで最初の初日の出を見るために、多くの人が集まります。新年最初の太陽は幸運をもたらすと言われております。
(灯台は外観からのご見学のみとなります)

チョーロ橋

5.チョーロ橋(Ponte Ciolo)

レウカ岬から数キロ離れた場所に位置するチョーロ橋(Ponte Ciolo)は、ある海辺のリゾート地です。名前の由来は、方言で「カササギ泥棒」を意味する「Ciola」に由来しています。
橋からは、野性的な崖や無限に広がる海など幻想的な景色を楽しむことができます。小さな岩のビーチへと続く階段を下りることも可能です。クリフダイビングをする若者も多く、スリリングなシーンが見れるかもしれません。

レウカ岬の灯台と広場

6.レウカ岬の灯台と広場

レウカ岬にあるイタリアの最東端の灯台。アシール・ロッシによって設計され、1866年9月6日に初めて灯台に火が灯りました。
高さは地上48.6メートル、254段の階段を上ると、ランタンの下のテラスに出ることができます。ここからは、ギリシャのコルフ島の海岸やアルバニアとギリシャの国境を示す山々を見ることができます。
(灯台は、一般の方はご入場はできません)

レウカ岬の展望台からの眺め

7.レウカ岬の展望台からの眺め

レウカ岬の展望台からは、風光明媚な景色をのんびりと眺めることができます。

上記①~⑦の名所をご観光後、レッチェのホテルに戻って解散となります。

スマートフォンの方は、名所をクリックいただきますと各名所の説明写真をご覧いただけます。

■詳細
料金 大人 お1人様 ¥35,800(2名様でのご参加の場合)
*1名様のみのご参加の場合は、¥71,600となります。
*3名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥25,800となります。
*4名様のご参加の場合は、お1人様あたり¥22,800となります。
催行日 毎日
最少催行人数 1名様より
開始時間 午前9時開始
所要時間 所要時間 約9時間
<スケジュール(モデルプラン)>

09:00
日本語ガイドとドライバーがホテルにお迎えに上がります。
上記①~⑦の場所を巡ります。ランチ休憩は海沿いのレストランを予定しております。
ランチ代は現地お支払い【お客様ご負担】となります。
*ガイド分もご負担願います

15:45
レウカ岬発

17:00
レッチェホテル着

☆道路状況によってスケジュールが変更になる場合もございます。
ガイド 日本語ガイド付
食事 ランチ代は現地お支払い【お客様ご負担】
日本語ガイド分のランチもご負担願います。
備考 *レッチェご滞在ホテルにお迎えに上がります。
*ご入場料は現地お支払い【お客様ご負担】となります。
*ランチ代金は現地お支払い【お客様ご負担】となります。
(日本語ガイド分もご負担願います)
*ドライバー、日本語ガイドへのチップ(目安各20ユーロ)は現地お支払いとなります。